« 酔っ払った勢いで | トップページ | DVD全集第1弾感想 »

2006年1月20日 (金)

大学講師養成講座~4回目~

今日は金曜日ということで、大学講師養成講座の日でした。
教えるということは、どういうことなのか?
本日のテーマは、教え方・話し方についてでした。

内容はというと、まず教育とは、「愛」なのだそうです。
愛=思いやりを欠いていては成り立たない。
確かに、教えられる人(学生)のことを思いながら授業を進めないと、
学生からすると、今日の授業はわけのわからん授業だったということになります。

そうか・・愛かぁ。。
普段深く考えたことはないけれど、
授業中に寝ていたり、隣りの人と話していたりして、
明らかに先生の話を聞いていない学生がいたら、
目に余る時は軽く注意するようにしています。
それは、後々もっと授業が進んでいったら、
絶対に周りについていけなくなることが予想されるので、
それを最小限に食い止める為に(私の仕事を忙しくしない為でもあるけど)、
一言声を掛けますが、これも相手のことを思ってのことなので、
「愛」と言えるのでしょう。
どうでもいいや~と思っていたら、私も注意しないだろうし、
そう考えるとやっぱり「愛」なのか。

話がそれるけど、
阪神タイガースファンの私は、テレビ観戦・球場での観戦問わず、
野球を見ると「もっとしっかり球を見て打たなアカンやん!」や、
「よしっ、今のはナイスプレー!」など、
選手に向かって声を掛けるけど、これも選手に対する「愛」なのか。
阪神のファンは、ダメな時はこれでもか!と言うくらいダメ出しするけれど、
頑張ったら「ようやった!!」と選手を讃えます。
これもやっぱり阪神タイガースや選手に対する「愛」なのでしょう。

インストラクターは、一般の社会人の場合は別だけど、
特に学生相手の場合は特に、
この「愛」=「思いやり」を持って接するのが大事だということでした。

|

« 酔っ払った勢いで | トップページ | DVD全集第1弾感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127133/8249985

この記事へのトラックバック一覧です: 大学講師養成講座~4回目~:

« 酔っ払った勢いで | トップページ | DVD全集第1弾感想 »