« 沼津先生の悲劇 | トップページ | 誕生日おめでとう! »

2006年2月11日 (土)

模擬授業までもうすぐ

昨日は、大学講師養成講座の7回目がありました。
先週は風邪の為欠席だったので、今週はどんなことをするのか、
ちょっとドキドキ。
あと2回で企業の模擬授業を受けることになるので、
昨日の講座と来週の講座は、本番さながらの流れでやるということでした。

各自模擬授業でやる内容を1人ずつ前に出て行い、
最後に質問をされ、MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の
資格を取得する為に受講したトレーニングを思い出しました。
来週は昨日やった内容を完璧に仕上げ、
そして本番に臨むことになるようです。

その模擬授業というのが、噂を聞けば聞くほど恐ろしくて、
インストラクターのプロが試験官として同席するそうで、
厳しい質問がビシバシ飛んで来るとのこと。
これは緊張しますね~。
もう何を言われてもいいように、ダーツの的になろうと思います。
どんどん私に向かって投げて来い!!耐え抜いてやるゾ!!

今一緒に講座を受講している人の多くは、既にメインインストラクターの経験があり、
数ヶ月通してメインをやったことがない、
サブ一筋の者は私ともう1人くらいで、
メイン経験があっても模擬授業で不合格になる人もいるらしく、
(実際に講座受講者の中にいた)
そんなことを聞いたら私はどないなりますねん!
大丈夫なのか??
この人場違いよ!なんて思われないか?

場数を踏めば、進行の仕方や言い回し等も上手くなるというが、
なにしろ私は場数を踏む機会がまだないので、
そうなると今の私に出来ることと言えば、
楽しい雰囲気を醸し出すくらいかな・・・と思う。
とりあえず、ニコニコ笑って楽しく模擬授業をしようと思う。
1.雰囲気作り
2.授業の内容
という順に重点を置こうと思う。
実際に授業でも、授業進行にちょっと問題があったとしても、
クラスの雰囲気が良かったら、学生からも文句は出てこないと思う。
一番悪いのは、授業進行に問題があって、
先生も暗~いカンジでクラスの雰囲気がどんよりしている授業。
学生もそのうち寝ちゃうし、最悪のパターン。
なので、開き直りと言われればそれまでだが、
私のテーマは「ザ・雰囲気作り」でいこうと思う。

この講座の受講生、私が知っているだけで8人いるけれど、
私が一番年下だとさ。
40代の人が一番多いような気がする。
やっぱり年齢と共にいろんな場数も踏んでくるし、
インストラクターとしては、このくらいの年代が一番脂の乗った頃なのかも。
私は、まだまだ足元にもおよびませんわ。
言い換えれば、まだまだ可能性があるかも!ということになる。
あと1回講座は残っているけど、模擬授業の結果がどうであれ、
悔いの残らないようにできたらいいな~。
いや、悔いの残らないようにするぞ!!

|

« 沼津先生の悲劇 | トップページ | 誕生日おめでとう! »

コメント

模擬授業・・・ 大変そうやねぇ。
私なんかだとオロオロしてしまいそうです^_^;
講師の仕事は経験も大切だけど、やっぱり向き不向きもあると思います。
Yayoiちゃんはしっかりしているし、落ち着いてやれば絶対大丈夫! 応援しております☆

投稿: kj | 2006年2月11日 (土) 22時40分

>kjさん
模擬授業、ズバリ恐ろしいです。
kjさんからの応援メッセージを胸に刻んで、
模擬授業に臨む所存です。
が、まだいつやるのかも決定していないのですが・・・。

投稿: Yayoi | 2006年2月12日 (日) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127133/8606201

この記事へのトラックバック一覧です: 模擬授業までもうすぐ:

« 沼津先生の悲劇 | トップページ | 誕生日おめでとう! »