« 刊行記念のお祝い | トップページ | 南国に行ってきます »

2006年3月10日 (金)

昨日の刊行記念パーティー

昨日の刊行記念パーティーの報告です。。

パーティーと言っても、そんなにどこかのホテルでやったとか、
料亭や高級レストランに行ったとか、
そんなんじゃありません。
場所は学校です。
学校内に、ちょっとしたラウンジがありまして、
料理もそこそこの物が出ていた。

刊行にあたっての挨拶に始まり、乾杯と続き、最後にはカラオケタイム。
料理を食べている間は、終始にこやかに笑って先生方のお話を聞き、
特に私の出る幕はありませんでした。

先生同士で年齢のお話をしていて、
「○○先生の方が年下なんですねぇ」
「私から見ると、みなさん若いですよ」
なんて、50代半ばを過ぎた先生方が年齢を言い合っていたけど、
私からすると、50代の方達はみなさんおじさまだ。
年齢はもう関係ない。
そして、1人だけいた30代の先生、
先生たちの輪の中で、ひときわ輝いていましたよ☆

パーティーの主催者の先生が、どうやらカラオケがお好きなようで、
食事が終わるとカラオケタイムに突入!
カラオケ好きな先生が一曲歌ったのをきっかけに、
「じゃあ次は○○先生」
「その次はあなた」
と、順番にマイクが回っていき私も歌うことに。

・・こういう時の選曲は、とても難しい。
友達と行く時は、最近の曲も歌うけど、
やっぱり誰でも知っている曲がいいだろう。
・・・なんて考えていたら、私の前に歌った先生は、
なんと「銭形平次」の歌を歌っている。
しかも30代の先生だ。
きっと先生も私と同じことを思って選曲したんだろう。
・・で、この後に歌う私は、一体どんな曲を選曲すればいいのさ。
「銭形平次」の次だぞ。
考えた末に、私の十八番(演歌編)「津軽海峡冬景色」を軽く熱唱♪
しかも、みんな立って歌っているので、私も立って熱唱♪
歌い上げると、先生方から大きな拍手をいただいた。

その後もカラオケタイムは延々と続き・・・。
私は今井美樹を歌う。
先生方も今井美樹はご存知だった。
ある先生からは、「やわらかい声だね!」などと、
お褒め(?)の言葉をいただいた。

そして、もう一昔前の曲ばかり選んでいられない!と、
最近の曲にチャレンジしてみた。
チャレンジした曲は、ナナムジカの「くるりくるり」。
これは、ドラマ「小早川伸木の恋」の主題歌。
先月発売されたばかりの、ホヤホヤの新曲だ。
当然、私は人前だけでなくどこでも歌ったことがなく、
ただ、MDに落として通勤時に聴いていただけ。
練習がてら歌わせたもらった。

先生方は、「ナナムジカ??」とさすがにご存知ないようだった。
ある先生は、これを覚えて家族に「おい、ナナムジカって知ってるか?」と、
帰ったら訊いてみるわ~と言い、何回も繰り返し「ナナムジカ」と唱えていた。
まるで呪文のようだった。
一応歌ったけど、この曲は難しい。要練習!!

私個人ではこの3曲のみ歌ったが(3曲でも充分歌ったと言える)、
カラオケ大好きの先生は、いろいろと選曲していた。
水戸黄門の歌も歌っていた。
「あぁ人生に涙あり」というのがタイトルらしい。
タイトルだけだと、何の曲かわからなかった。
他に「大阪ラプソディ」も歌っていた。

そして極めつけに、「青い山脈」という歌をもう1人の女性の職員さんと歌わされ、
全体での記念写真を撮ってお開き。

最初は、なんだかエライ会に参加してしまったなぁと思っていたが、
結局楽しかったから、まぁ良かったということにしとこ。

「ナナムジカ」。
必死に覚えていた先生は、帰る時もまだ覚えていた。
このまま帰宅するまで覚えていて、ご家族の前で言えたのか気になるところだ。

|

« 刊行記念のお祝い | トップページ | 南国に行ってきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刊行記念のお祝い | トップページ | 南国に行ってきます »