« 今週も終わり! | トップページ | 疲れのボーダーライン »

2007年6月12日 (火)

遅くなりましたが

土曜日に観て来たお芝居の感想を書きましょう。

まず昼は日本橋のインディペンデントシアター2ndにて、
ヨーロッパ企画の「衛星都市へのサウダージ」を観劇。
小さな劇場いっぱいに人が来ていて、年齢層もばらばら。
ヨーロッパ企画は、同志社大学の演劇サークルの中で作られた演劇ユニットで、出ている役者さんもみんな若い。
私たちとそんなに変わらないと思う。

関西の人だけあって、笑いのツボが関西人の私にちょうど良く。なかなかおもしろく観ることができた。
笑わそう笑わそうと笑わすことに貪欲なところに好感を持った。
話は、地球を離れて宇宙の衛星都市に住むことになった人間達のお話で、
シチュエーション的には、宇宙船の中だけが舞台となっているので、ワンシチュエーションのお芝居と言える。
次回は12月に大阪で公演があるので、良ければ行こうと思う。

続いて観たのが、場所を京橋のシアターBRAVAに移して、
古田新太さん、田中裕子さんが出ているお芝居を鑑賞。
タイトルは「薮原検校(やぶはらけんぎょう)」というもの。
古田さん演じる盲目の少年が、仏の道に入り、お坊さんの中でのトップの位置にある「検校」の位を手に入れるべく、悪いことにも手を染めながら出世を目指していくというお話。
最後は悪いことをしたらやっぱりこうなるんやな・・・と思うストーリー。だって多くの人の前で斬首だもの。
蜷川幸雄さんが演出で、音楽が宇崎竜童さん。作は井上ひさしさんという豪華なメンバーが携わっている。
もうすごい!としか言いようがないお芝居で、音楽はギターリストの赤崎郁洋さんがギター一本で奏でる。
そして、語りの役をされていた壌晴彦さんは、15分の休憩以外はずっと舞台に出ずっぱりで、講談のような口調で話されるのが、実に圧巻。
田中裕子さんもさすが名女優だけあってオーラが違った。

私はこのお芝居のチケット、通常11,550円のところ、オークションで8,000円で手に入れた。
オークションって時にすごい掘り出し物があるのよね。
席は一番後ろだったけど、後ろでもかなり楽しめたので満足。

次は来月に「宝塚BOYS」というお芝居と明石屋さんまのお芝居を観に行く。
楽しみだ~☆

|

« 今週も終わり! | トップページ | 疲れのボーダーライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週も終わり! | トップページ | 疲れのボーダーライン »