« 奈良にお出かけ | トップページ | 水曜どうでしょうDVD討ち入りでござる »

2008年1月14日 (月)

マリと子犬の物語

日曜日に映画、『マリと子犬の物語』を観てきました。
以前別の映画を観ていて、予告でたまたま見て、
それだけで少し涙ぐんでいたので、きっと本編は泣けるに違いないと勝手な想像をし、
事前に派遣会社の福利厚生で前売り券をゲットして、
観に行ってきたというわけです。

派遣会社の福利厚生はけっこう良くて、
前売り券が通常の前売り券の値段より更に安く手に入ります。
これはお買い得!

さて、観てきた感想ですが、さすが予告だけで涙を誘っただけあって、
上映中ほぼ泣いていました(i_i)
泣いて落ち着いたと思ったらまた泣いて…というのを延々と繰り返し、
鼻が詰まって途中苦しい思いもしつつ、
それでもなんかアッと言う間に終わった感じがします。

やっぱり実話だけあって、更に輪をかけて感動してしまうのかもしれません。
そして子役の女の子の迫真の演技には脱帽しました。すごい演技派で、
将来どんな役者になるのか、今後の成長が楽しみな子やなぁと思いました。

おじいさん役の宇津井さんにお父さん役の船越さんも良かったです。

ちょっと気にはなってるけど観に行こうか迷ってるという人がいたら、是非観てください!
観て損なし!たとえ前売り券を持ってなくて1800円で観たとしても観る価値ありです。

あと、そうそう!
思いっきり泣きたい人にもオススメな映画ですよ。

|

« 奈良にお出かけ | トップページ | 水曜どうでしょうDVD討ち入りでござる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良にお出かけ | トップページ | 水曜どうでしょうDVD討ち入りでござる »